2005年08月22日

サークルサイトを「見てしまった」時

転勤が多いと、次の土地の情報はもうインターネットで収集が当たり前の我が家。
で、子供が3人もいる身だと、子育て情報とかもついでに見たりするわけですが、困るのが「見たらいけないもの」まで見つけてしまった時。

土地の名前と「子育て」とか「育児」とかってキーワードでググってみると、ほんのたまーにだけど地元のママ同士のサークルとかを見つけることがある。
ここまではラッキー。
けど、そのサークルの主催者があまりインターネットに詳しくない人だと双方にとって悲劇が訪れる。

インデックスからリンクしていなかったり、検索エンジンに登録してさえいなければ、誰にも見つからないと思って堂々とWEB上にナイショのサイト(のつもり)を作っている人たちがいたりするのよ!



本当は検索エンジンから来られてしまうけれど、本人たちは「URLを教えた人意外誰も来(られ)ない場所」だと思っているサイトを見つけてしまったときの気まずさと言ったら。



BBSで「ここは私たち以外誰も来ない場所ですからゆったりできますね〜」とか会話していた日にはもう、何も悪い事していないのにえらい罪悪感なんですけど?もしもし?
実は、一度見かねて注意したら荒らしあつかいされた事があったりします。
けど、相手の無知を呪うことはあっても決して責められないからやりきれない。

頼みますから「ナイショのサイト(自称)」を作っている人たち。
もう一度、自分のサイトが本当に誰からも見れない状態かどうか、きちんと調べてください。
posted by AIBELL at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。