2005年08月07日

「傷つく言葉」って何?

ネットマナー系のサイトでなくとも「他人を不快にさせる事を掲示板に書いたら削除対象」って注意書きは結構あると思う。
けど、この「不快にさせる」とか「傷つける」ってどういう事を指すのでしょうね?
あ、通常注意書きにある「他人を不快にさせる事を掲示板に書いたら削除対象」ってのは、わざと傷つけるつもりで書いたらイカンという意味合いで書くことが多いのですが、わざとでなくとも傷つけることは結構ある。

問題はわざとかそうでないかの見極めが、管理人によって大分違う所なのですが。

ずいぶん前になりますが、私の子供が生まれつき心臓に疾患のある子で、生後三ヶ月に

「いずれ手術をしなければならないでしょう」

と宣告されました。
産んだばかりでいきなりそんな事を言われ、激しく動揺したのを覚えています。
そこへ追い討ちをかけるように、思っても見なかった転勤の辞令。
場所は今まで一度も行ったことのない遠い土地で、自分の実家も夫の実家もとても遠い所。

しょうがないから、上記の疾患を宣告された病院で、転勤先で治療できる病院を紹介してもらおうと思ったら

「場所が遠すぎるし自分(医師)にも縁の無い土地なので、紹介できる病院が無いから自力で探して」

と言われてしまいました。
私だって縁が無いから探しようがないのにーと思いつつ、ネットサーフィンをしている最中に、とある子供の病気に関する個人サイトを見つけました。

そのサイトをよく読んだ上で、ちょっと愚痴を聞いてもらおうと思い、掲示板に

「これこれこういうわけで子供の病院を自分で探さなくてはならない」

と書き込んだんです。
元々病が見つかった経緯が、近所の小児科で子供に心雑音があると言われ、出産した病院に相談したら個人病院で心臓外科の心得と施設のある病院を紹介してもらい、そこで「心臓疾患がある」と言われ、更に大きな病院を紹介してもらったのです。
それが上記の「宣告された病院」なわけで、こっちは自力で探し当てた場所ではありません。

もう、不安で不安でたまらないその気持ちを誰かに、それも自分とそれ程立場が変わらないはずの人たちに聞いてもらいたかっただけなのに。

よりにもよって、そのサイトの管理人さんから

自分で病院を探せるなんて、うらやましいです

と返されました。

この時、私がどれ程のショックを受けたかわかるでしょうか?
自分が真剣に思い悩み、とても不安な気持ちの中、手探りで暗闇の中から光を探し当てようと懸命にもがいている、その姿を「うらやましい」と言われたこの衝撃。

そのサイトの管理人さんは、やはりお子さんが難病で、しかも主治医の気まぐれで治療方針や手術する病院までもが変わるらしいので、少なくとも自分で病院を選べる私の事を「うらやましい」と言ったそうです。


以来、私はネットで「うらやましい」という表現を避けるようになりました。
管理人さんの気持ちを察すると同時に、それでも自分は同じことはすまいと決意したからです。

どんな立場にも憂いはある。
自分だけが辛いんだという思い込みは、まぁ苦しんでいる時はしょうがないにしても、あまり表に出しすぎると、自分が思いも寄らない所で他人を傷つける事があると肝に銘じました。



だから、どんなに気をつけて書いた文章だったとしても、読んだ人を傷つけてしまう事があるって覚悟をいつでも持たないといけません。
まぁ、簡単に傷つくのも考え物ですけどね。


てここで懺悔。




ごめんなさい、あたしもあの掲示板で「うらやましい」って言われるまで、何度か他所の掲示板で他人の真剣な相談事に「えーうらやましい、あたしなんてあーでこーで」と返した事があります。




他人の振り見て我が振りなおせ。
もー二度としませんからっ。
なんか、愚痴と言うより懺悔ブログになりつつある〜。
posted by AIBELL at 01:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ネットマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。